設立趣旨

明治時代に始まった生活様式の近代化により現代社会では靴を履く文化が広まり、それに伴い足のトラブルが急増し、今もなお増加し続けています。

私たちが、足と靴の正しい知識を持たずに、流行優先のおしゃれやファッションに流されたままの生活をすることがその原因の一つと考えられます。
それを是正するためには、日ごろの足のケア、正しい歩行の仕方、幼少期における正しい足や靴の知識または高齢者への足の扱い方など、足と靴の正しい知識を普及させるほかに方法はありません。

身体の様々なトラブルには遺伝的要素や先天的要因など、なかには本人が避けることが出来ない原因がありますが、足のトラブルにおいては、少しの知識やちょっとした経験やアドバイスなどがあれば避けることが出来る事が多々あります。
人が生まれてから永眠するまで足はずっと体を支え続けています。ほんの小さな癖や習慣が長年続くことで高齢になった時の足の健康を損ないます。
私たちが100歳になっても自分の足で歩くことができるためには、幼少期・青年期からの足と靴の正しい知識とケアの方法を普及させることが何よりも大切なことです。

正しい足と靴の知識の普及と、おしゃれと健康を両立させた商材の提供。そしてそれらを広めるための人材育成など。
これらの活動を通じて、国内外の一般社会への普及活動や意識向上またはそれをサポートするフスフレーガーの技術向上を目的とした協会として活動を行っています。

主な活動内容

  • メディア・情報媒体を通じて、幼児から高齢者まで幅広い対象者の足のケアの方法、トラブル対処の方法、足の知識、靴の知識などを発信しております。
  • 各種セミナーを通じて、フットケアビジネスや家庭においてフットケアに携わる人たちに、足と靴の正しい知識を伝えることで、フットケア業界の発展と一般家庭におけるフットケアの普及に努めています。
  • フットケアスクールの運営を通じて、フットケア技術のレベル向上と人材の育成に努め、フットケア業界の健全な発展を目指します。
  • 高い技術と正しい知識を持つフスフレーガーの養成によって、広く社会にフットケアを普及させることを目指します。
  • ボランティア活動を通じて高齢者へのフットケアサポートや技術指導を行っております。
  • 各種資格認定制の実施
    スペシャルフスフレーガー
    オリエンタルリフレクソロジスト
    トータルフットケアリスト
    ヒールウォーキングインストラクター
  • 認定校制度の実施
  • 講演会・セミナー・イベントの実施

ご挨拶

100歳まで自分の足で歩く。
生涯、自分の足で歩くためには、
靴の知識、幼少期における足のケアと正しい靴の選択、正しい歩行の方法など、
自分の足を知ったうえで正しい知識とケアがとても大切です。

そのためには足のケアはもちろん、靴の知識がとても重要になります。
若い時期は足を犠牲にしてまでもおしゃれを優先にしがちですが、心と体が健康でいられて、
毎日を笑顔で過ごすためにも、正しい知識があれば決して健康を犠牲にすることなくおしゃれに靴 を履いて歩けるのです。

ヨーロッパでは足に合わせて靴を幼少期から作りますが、日本文化では草履からスタートしているため、靴を履く文化はまだ浅く、残念ながら靴に自分の足を合わせて履くという文化です。
これでは、知識もない上に合わない靴を履き続けることでトラブルが引き起こされ、
なお増加し続けていくことは無理もありません。

このように靴文化やフットケア文化においてはまだまだ後進国のわが国で、足と靴の知識普及に努め、少しでも多くの人たちの足を健康で美しいものにしなければならないと思っております。
当協会の活動によって、足や靴の知識、歩行の仕方、新たな靴文化、フットケアの必要性が、広く社会に、
身近なものとして認識して頂けることが私の心からの願いです。

皆様がいつも笑顔でいられますように。

理事 高坂 恵子

協会事務局

ジャパンフットアンチエイジング協会事務局

住所
〒540-0028  大阪市中央区常盤町2-2-10-1104
電話番号
070-5502-3690
メールアドレス
info@aluk.jp
担当責任者
高坂 恵子